Blender コンポ辞典

Blender コンポジットノード辞典 - コンバーター

更新日:

ホームに戻る

目次

アルファ変換

入力された画像のアルファ設定を「プリマルチプライド」と「ストレート」に変換することができる

出力

  • 画像:変換後の画像を出力する

パラメータ

  • ストレートをプリマルチプライに:「ストレート→プリマルチプライ」と「プリマルチプライ→ストレート」を決める。

入力

  • 画像:変換したい画像を入力する

カラーランプ

画像の色を、その画像の数値(輝度)を使って変更することができる。使用頻度は割と多い。

出力

  • 画像:変換後の画像を出力する
  • アルファ:変換後のアルファを出力する

パラメータ

  • RGB:色の補間方法を指定する。RGB・HSV・HSLがある。基本的には「RGBはカラーサークルを直線で結ぶ」「HSV・HSLはカラーサークルを円周に沿って結ぶ」性質があります
  • リニア:補間方法に使う「数式」を指定する。例えばRGBのリニアは直線で補間、イーズではS字曲線(3次曲線)で補間します。
  • カラーバンド:左端が0、右端が1を表す。バンド内のポイントは自由に追加・移動でき、色を変更することができる
  • 0:バンド内のポイント番号。0で最も左端のポイントを選択する。ポイント同士が近いときに役立つ。
  • 位置:選択中のポイントの位置を変更できる。

入力

  • 係数:変換したい画像を入力する。白黒以外でもOK。

HSVA合成

H・S・V・Aの各チャンネルの数値マップを、一つの画像に合成する。

出力

  • 画像:合成後の画像を出力する

入力

  • H・S・V・A:色相・彩度・明度・アルファのマップを入力する

RGBA合成

R・G・B・Aの各チャンネルの数値マップを、一つの画像に合成する。

出力

  • 画像:合成後の画像を出力する

入力

  • R・G・B・A:赤・緑・青・アルファのマップを入力する

YCbCrA合成

出力

  • 画像:合成後の画像を出力する

パラメータ

  • ITU 601:「ITU 601・ITU 701・Jpeg」があり、それぞれ計算式が異なる。ITU 601はSDTV、ITU 701はHDTVに向けて作られた規格である。

入力

  • Y・Cb・Cr・A:輝度・Cb・Cr・アルファのマップを入力する

VUVA合成

Y・U・V・Aの各チャンネルの数値マップを、一つの画像に合成する。

出力

  • 画像:合成後の画像を出力する

入力

  • Y・U・V・A:Y・U・V・Aのマップを入力する

IDマスク

IDによってマスクを出力する。マテリアルIDやオブジェクトIDによって非常に正確なマスクを作れる。

出力

  • アルファ:結果のマスクを出力する。0が黒、1が白として出力され、白い部分が指定したID部分である。

パラメータ

  • インデックス:取り出したいIDの数値を入力する。例えば、車の窓のマテリアルのIDを2に設定しておけば、ここで2を入力すると窓の部分だけのマスクができる。
  • アンチエイリアス:結果のマスクにアンチエイリアシングを施すかどうか。

入力

  • ID値:IDマップを入力する。大抵はレンダーレイヤーノードからの出力からつなぐ。

数式

各種数式を使って二つの画像やマップを合成できる。「カラー」カテゴリにある「ミックス」と同類だが、これは数値としての合成に使う。

出力

  • 値:合成後の数値(マップ)を出力する

パラメータ

  • 追加:追加のほかにも、大量の合成方法を選択できる。いつか紹介する。
  • 範囲制限:0~1の間に「クリッピング」する。ノーマライズとは違うので注意!

入力

  • 値1:合成したい数値(マップ)を入力する
  • 値2:合成したい数値(マップ)を入力する

RGBからBWへ

カラー画像をモノクロに変換する。

出力

  • 値:白黒画像を出力する

入力

  • 画像:変換したい画像を入力する

HSVA分離

画像を、H・S・V・Aの各チャンネルに分離する

出力

  • H・S・V・A:色相・彩度・輝度・アルファの各マップを出力する

入力

  • 画像:分離したい画像を入力する

RGBA分離

画像を、R・G・B・Aの各チャンネルに分離する

出力

  • R・G・B・A:赤・緑・青・アルファの各マップを出力する

入力

  • 画像:分離したい画像を入力する

YCbCrA分離

画像を、Y・Cb・Cr・Aの各チャンネルに分離する

出力

  • Y・Cb・Cr・A:Y・Cb・Cr・Aの各チャンネルに分離する

パラメータ

  • ITU 601:「ITU 601・ITU 701・Jpeg」があり、それぞれ計算式が異なる。ITU 601はSDTV、ITU 701はHDTVに向けて作られた規格である。

入力

  • 画像:分離したい画像を入力する

YUVA分離

画像を、Y・U・V・Aの各チャンネルに分離する

出力

  • Y・U・V・A:Y・U・V・Aの各チャンネルに分離する

入力

  • 画像:分離したい画像を入力する

アルファ設定

画像にアルファを設定したり、他のアルファマップに変更したりできる。

出力

  • 画像:アルファ設定済みの画像を出力する

入力

  • 画像:アルファを変更したい画像を入力する
  • アルファ:数値を入力すると一定のアルファに、アルファマップを入力すると、そのアルファが適用される。

ビュースイッチ

ステレオの3D画像(青と赤のやつ)を作成するために、左右の画像を合成します。

出力

  • 画像:合成後の画像を出力する

入力

  • 左:左目用の画像を入力する
  • 右:右目用の画像を入力する

-Blender コンポ辞典

Copyright© Studio Gotz Blog , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.