電子工作

Arduinoに加速度センサーとOLEDディスプレイを付けてみる

更新日:

使用した部品

 

まずは片方ずつのスケッチから

ADXL345だけの通信

一応回路図(クリックで拡大)

スケッチはこちらの方のをそのまま使ってください:https://sites.google.com/a/gclue.jp/fab-zang-docs/ni-yinkiiot/adxl345-i2c

Wireライブラリをインストールしてない方は、「スケッチ>ライブラリをインクルード>ライブラリを管理」とクリックして、検索欄に「wire」と打ち込み、最初に出てきたものをインストールします。

OLEDディスプレイだけの通信

回路図(クリックで拡大)

こちらのページの内容を丸々やってみてください。ちょっと長いですが、非常に簡単です!

特に「I2Cアドレス」を間違えると何も映らないので、注意を!

やりましたか?やった後で、下のスケッチと入れ替えてみて下さい。

アドレスの変更点は14行目です。秋月電子から買ったのであれば変更なしでOKです!

成功すると、ディスプレイに「123456789 AAAA」と表示されます!

加速度センサーの数値をOLEDに表示

あとはこの2つを組み合わせるだけ!

難しそうに思えますが、センサーの変数を display.print() で表示するだけなので、通信方法とかは考えなくていいのです。

回路図(クリックで拡大)

成功すると、写真のように数値が表示されるはずです!

-電子工作
-

Copyright© Studio Gotz Blog , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.